top of page
検索

けやき屋敷の緑地は20~25%のみ?

更新日:2019年2月11日

地権者を対象にしたオープンハウスに傍聴者として参加しました。そこで示されたのは下図のとおり。けやき屋敷の緑化率は20~25%と書かれていました。

図の薄い緑の斜線ハッチがかかっている個所が「保存緑地」。つまり、けやき屋敷の屋敷林を残す箇所。丸い緑の点線個所が「沿道緑化」。つまり、道路沿いの敷地に緑緑化する部分。この二つを合わせて「20~25%」ということらしい。

すべては開発ありきで、なぜ南西角地にしか屋敷林を残さないのか、理由が不明。

今でも杉並区は「けやき屋敷」を「保全すべき緑地」と謳っているが、それなのになぜこの程度しか保全しないのか理由が不明。上限25%という数値の根拠も不明。


本来ならば風致地区にすべき場所


杉並区の「風致地区」は30%以上(35%,51%)の緑被率となっています。

また杉並区の「特別緑地保全地区」は57%、「地区計画」」における緑被率は19~27%となっています。



なお、小学校や病院の緑化率は10%とか15%......「みどりの実態調査報告書」のpp-53に「阿佐谷北1・5丁目地区」の緑被率が出ています。19.62%です。

今回の地区計画では少なくともこの数値以上を目標としなければ道理が通りませんよね??

閲覧数:107回0件のコメント

最新記事

すべて表示

要望書を提出しました。

われわれは昨年、区の担当者から換地の説明を受けましたが、こちらの説明には向き合って答えてくれませんでした。つまり、A街区もB街区も評価額が路線価の1.2倍になっているのに、なぜc街区だけ1.4倍になっているのか?という質問です。C街区は三街区の中で駅から最も遠く、最も低地にあり、浸水危険地にもなっているのに、なぜなのでしょうか?これを公正に誠実に答えていただくため要望書を出しました。

署名活動をはじめます

杉並第一小学校の移転先は、河北病院跡地と計画されています。ここは地形的に阿佐谷で最も低地で地下水の集まるところです。区は「桃園第二幹線」という貯水管をつくるので大丈夫と言っていますが、集中豪雨で70㎜を超える大雨となった場合には必ずしも耐えきれません。区は盛土をすると言っていますが、そのためには最低10000㎥の土を運び、杭打ちや土壌改良、そして安定地盤で支えるといった特殊建築物にすることでの建築

Comments


bottom of page