検索

杉並区 史跡散歩地図より

最終更新: 2019年1月17日

欅(けやき屋敷)は東京都の指定文化財「旧跡」です.

「阿佐谷村名主相沢家の屋敷林で、同家の邸宅とあわせて欅屋敷と呼ばれました。東京都の旧跡指定を受けた大正8年当時は、タケ40mに及ぶ欅が40本程あったと伝わります…」


減少している屋敷林

杉並区全域で樹林が地上を覆っている面積は620ha(約18%)で、そのうち屋敷林は30haという調査結果があります(緑の実態調査)。半分は将来残るかどうか不安定な民有地であり、1970年代に70ha以上あったにもかかわらず半分以下に減少しています。この樹林を残していくことが区民にとって重要な課題であることを杉並区も謳っています。


「後世にのこしたい杉並の屋敷林」に選ばれた「欅(けやき)屋敷」

 杉並区では区制施行80周年記念事業として平成24年に「後世に残したい杉並の屋敷林」を公募しました。


景観だけでなく環境にも貢献する屋敷林

CO2削減, ヒートアイランド現象の緩和

「屋敷林は周辺に住む住民にとって精神的・景観的安らぎやうるおいを提供するだけでなく、まちの風格を与えるとともに環境面でも貢献します。

杉並区の1世帯あたりから1年間に排出されるCO2排出量3,300kg。直径50cmの欅が1年間に固定するCO2は約250kgで、1世帯当たり約13本の欅が必要と言われています 。」(後世にのこしたい杉並の屋敷林より引用)


旧跡とは


文化財保護法には「史跡」があります。但し、時代を重ねるにつれて場所が特定できないなど、何らかの理由によって史跡に指定できないものを東京都は「準史跡」として「旧跡」を定めました。いわば「パブリック・ヒストリー」(記憶としての公共財)であり、「けやき屋敷」はその旧跡に指定されています。

339回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

意見書作成会議4月10日のまとめ

以下のような意見が出ました。 【主な意見】 (先日の説明会について) ・時間が足りない。区の説明会でも1時間半はとった。コロナ対策で人数に限りがあるとしても回数を増やすべきだ。 ・これで説明会が終わったとは言えない。 (まちづくり条例の今後の手続き) ・公聴会を開くべきだ。 ・まちづくり景観審議会部会の専門家の意見をきくべきだ。 (意見書の書き方) ・意見書はどんなことでも書いてよいのか?→特に制

河北総合病院意見書作成会議

4月10日 18:30からZOOM会議を行います。 ミーティングID: 454 806 8744 パスワードはメールを頂いた方にお送りします。 お問い合わせフォームからご連絡ください。