top of page
検索

けやき屋敷に河北病院が移転する計画

更新日:2019年1月16日

今、杉並第一小学校と河北病院とけやき屋敷が一体的に開発され、現在のけやき屋敷には河北病院が移転する計画となっています。


もともと杉並第一小学校の建て替え計画から始まった計画です。当初は現在の小学校の土地で建て替えを行う計画でしたが、いつの間にか小学校は河北病院に移転し、河北病院がけやき屋敷に移転する(実際の順番は逆になります)計画になっています.....


区民に対する公聴会は開かれず、権利者のみで計画が進められている。

区域内の地権者だけを対象にした説明会やオープンハウス(特定特定の時間に質問に答える)を行っているだけで、公聴会が開かれていません。その地権者だけを対象にした説明会に傍聴しましたが、コンサルタントが一方的に計画を説明するだけでした。残念なことに、けやき屋敷の樹林を従前のまま残すべきという意見は聞かれませんでした。


けやき屋敷の緑は西南角地地に残るのみ


図を見てお分かりのように、けやき屋敷の樹林地はほとんど開発されて、西南角地の一部が残るのみとなっています。




はたして、けやき屋敷には何階建ての病院が建って、何パーセントの屋敷林が残るのでしょうか??



閲覧数:1,267回0件のコメント

最新記事

すべて表示

要望書を提出しました。

われわれは昨年、区の担当者から換地の説明を受けましたが、こちらの説明には向き合って答えてくれませんでした。つまり、A街区もB街区も評価額が路線価の1.2倍になっているのに、なぜc街区だけ1.4倍になっているのか?という質問です。C街区は三街区の中で駅から最も遠く、最も低地にあり、浸水危険地にもなっているのに、なぜなのでしょうか?これを公正に誠実に答えていただくため要望書を出しました。

署名活動をはじめます

杉並第一小学校の移転先は、河北病院跡地と計画されています。ここは地形的に阿佐谷で最も低地で地下水の集まるところです。区は「桃園第二幹線」という貯水管をつくるので大丈夫と言っていますが、集中豪雨で70㎜を超える大雨となった場合には必ずしも耐えきれません。区は盛土をすると言っていますが、そのためには最低10000㎥の土を運び、杭打ちや土壌改良、そして安定地盤で支えるといった特殊建築物にすることでの建築

Comments


bottom of page